予防歯科 PREVENTIVE DENTISTRY

仕上げ磨きのポイント POINT OF FINISH POLISHING

お子様が幼い頃は、どのご家庭でも仕上げ磨きをしてあげていると思います。 そんな中で、正しく仕上げ磨きができているのか、何歳の時から歯磨きを始めてあげるべきなのか、お子様が嫌がって磨けないことなどに悩まれている保護者の方は、多いのではないでしょうか。

当院では、親御様が効率的な仕上げ磨きをできるようにするため、お口のケアの専門家である歯科衛生士が、お子様の年齢に合わせた磨き方のアドバイスをしています。お子様の歯磨きは、乳歯が生えてきた頃から必要です。幼い頃から歯磨きを続けていると、歯ブラシを比較的嫌がらなくなる傾向もございます。ぜひ乳歯が見えてきた段階でお子様と一緒に来院して、正しい歯の磨き方を学ばれてください。

フッ素の使い方

高濃度のフッ素ジェルを歯の表面に塗ることで、エナメル質が強化されて虫歯菌が作り出す酸に強い歯に育てることができます。

さらに、歯から失われたミネラルを再度取り込むように促す効果や、虫歯菌が酸を作り出す働きを阻害する効果もあるなど、効率的な虫歯予防に役立つ薬剤です。フッ素は定期的に歯へ塗布することによって、より高い効果を発揮します。今だけでなく、大人になってからも虫歯で悩むことがないよう、お子様の歯を丈夫に育ててあげましょう。

シーラント

生えたての乳歯の噛む面や、生えたばかりの永久歯の奥歯には、歯ブラシの毛先が入りにくい溝があります。その溝をお掃除した後に歯科用のプラスチック材料で埋めて、汚れや細菌が入り込まないようにする予防処置が、シーラントです。

お子様の歯は大人の歯よりも虫歯になりやすく、症状の進行スピードも速いため、歯磨きが難しい溝の部分はあらかじめ埋めてなめらかにしておくことで、虫歯リスクを低下させることを推奨します。歯を削るような痛い思いをさせることがありませんので、幼いお子様にも安心して処置を受けていただけます。

定期的な通院の重要性

お子様が虫歯の治療ではなく、予防を目的として歯科医院へ定期通院することは、歯科医院に対して良い印象を抱かせられるという大きなメリットがあります。
歯科医師や歯科衛生士と楽しくお喋りをしたり、正しい歯磨き方法を覚えたり、お口の健康に関する知識を学んだりすることがメインとなり、怖い体験をする機会がないためです。

また、お子様の歯を親御様のケアだけで守ることは、非常に難しいものです。不足部分を歯科医院でのプロフェッショナルケアで補い、虫歯の予防、早期発見・早期治療を徹底して、トラブルの起きにくいお口の環境を作りましょう。特に虫歯治療を終えたお子様は、必ず次の検診の予約を取って、4ヶ月に一度の頻度でご来院ください。

虫歯になりにくい
食事について

虫歯の原因は磨き残しがあることだけでなく、食生活の乱れにも大きく影響されています。例えば、乳幼児は一度にたくさんものが食べられないため、間食でカロリーを補う必要がありますよね。その際に、砂糖を多く含む甘い食べ物や飲み物を与えてしまうと、甘未への欲求がエスカレートして、虫歯のリスクが大幅に高くなります。

また、ご飯やおやつをダラダラと時間をかけて食べさせていると、お口の中の虫歯菌が活性化して酸を出し始め、虫歯になりやすい口内状態になります。時間を決めずに何度もお菓子やジュースを与えている場合にも、虫歯菌が頻繁に酸を出すようになって、歯がどんどん溶けていってしまうのです。

こういったリスクを考慮して、時間を決めて飲食物を摂らせお菓子は親御様の管理の下で与えることをお勧めいたします。なお、お菓子は間食としてではなく、食後にすぐデザートとして与えることで、お口の中に物を入れる回数を減らせるだけでなく、歯の磨き忘れ防止にも役立ちます。お子様に規則正しい食生活と生活習慣を身に付けさせてあげて、大人になった時に自然と予防につながる行動が取れるようにしてあげましょう。